今の時期を逃すと季節が終わってしまうので、急いでwork6を紹介します。

ネットで調べると6月から10月が朝顔の花期のようなので、ぎりぎりセーフですネ。

朝顔のトンボ玉(金箔、プラチナ箔)(透明ガラス地)

円柱形のトンボ玉を軽く押しつぶして仕上げているので、少し平べったい形になっています。とんぼ玉の高さは2.4cm、横幅は1.8cm、そして厚さは1.1cmです。

例えて言うと・・・そろそろ使い終わりかけの消しゴムのサイズ感です(-_-)

 

ガラスの透明感が印象的なこのトンボ玉は、透明ゆえに服に合わせにくい面もあって、人によって好みが分かれるようです。

このトンボ玉の特徴は、パッと見た感じでは、目をひきにくいのですが、葉っぱが金箔とプラチナ箔でできています。

寄ってみるとこんな感じです。真っ先にブルーの花々に目がいってしまいがちですが、金箔葉っぱも地味ながら存在感を放っていてイイですよネ。

朝顔のトンボ玉(金箔の葉メイン、プラチナ箔)(透明ガラス地)

 

金箔葉っぱはもう一枚あって、ひっくり返すと・・・

さっきよりも少し小ぶりな金箔葉っぱが輝いています。

朝顔のトンボ玉(金箔の葉メイン2、プラチナ箔)(透明ガラス地)

このトンボ玉が渋いのは、実はここからで・・・

全然目立たないのですが、側面にプラチナ箔の葉っぱが隠れています。これです!

ブルーの朝顔の花の右側に銀色の葉っぱがあります。

朝顔のトンボ玉(金箔、プラチナ箔の葉メイン)(透明ガラス地)

ちょっと見えにくいですかね。もう1ショット! こんな感じです。(どっちにしても見えにくい!)

朝顔のトンボ玉(金箔、プラチナ箔の葉メイン2)(透明ガラス地)

私としては、側面に隠れたこの出しゃばらない慎ましやかさが何とも言えません。
(-。-)y-゜゜゜

奥ゆかしく、小粋に胸元を飾りたい方にオススメの・・・名付けて「透明ガラス地金箔プラチナ箔朝顔トンボ玉(長い!)」のご紹介でした。
(^_-)