3層構造のブドウ絵柄のトンボ玉です。

高さ2.7cm、直径2.1cmで、地玉はブルー。

ブドウがブドウ棚に豊かに実った状態をイメージして作ったモノです。

(--)y-゜゜゜

img_0892pp

 

いちばん深い層は雲母(うんも)で、実物を見るとラメラメと光っていますが、画像で見るとホコリのようにも見えるのが少しだけ残念です。img_0894pp

 その次の2層目は、金箔で作った全体的に小さめのブドウが2房とプラチナ箔の葉っぱが数枚です。

ブドウ1粒の直径は1mmです。

 img_0896ss

更にその次の3層目、これが表面に一番近い層ですが、ブドウが5房も実っています。

それぞれの房に使っている丸い金箔のサイズや数は異なりますが、一番大きいブドウは直径3mmの丸形金箔を8枚使っていて、小さいブドウは直径1.5mmの丸型金箔を14枚程度使っています。奮起して結構たくさんブドウを入れてますね。(>_<)

ブドウ房を入れる層を分けたり、ブドウ粒・房のサイズに違いを持たせることによって遠近感を出しています。

 img_0898pp

このトンボ玉は、パターンの繰り返しはなく、360度絵柄が異なっているので、様子をキチンとお伝えするために写真を多めに掲載しました。

(^_-)